HOME > 各講座・研究分野一覧 > 新生体素材学分野(協力講座) > 生体融合素材学分野

生体融合素材学分野

分野の紹介

 織創建を目的とした、新たな生体融合材料、組織への融合を促す物理的化学的表面性状加工技術、ハイブリッド人工組織の研究開発を行っています。
 金属系生体材料では、使用部位に要求される強度や延性を満足するため、加工熱処理により相および微細組織を調整します。しかし、金属材料では、生体内で表面に形成される不動態皮膜では、生体適合性は不十分であることから、バイオセラミックスのコーティングにより、バルクとしての特性を劣化させることなく、組織適合性を向上させる必要があります。そこで、物理気相析出(PVD)および化学気相析出(CVD)を用い、種々のバイオセラミックスコーティングを金属基生体材料にコーティングし、生体内外試験を行い、最適な金属/セラミックス高機能インターフェイスを構築しています。

教員構成

  • 後藤 孝教授:後藤 孝

主な研究テーマ

  • 物理気相析出および化学気相析出による生体適合膜の合成
  • プラズマおよびレーザーを用いた生体適合膜の微細構造制御
  • チタンやヒドロキシアパタイトに対し、細胞接着性、組織融合性を高める表 面性状加工技術開発
  • 細胞親和性と接着性、保水性、保温性、加工性等に優れたハイブリッド人工組織の開発
  • 強度、弾力性、保水性等に優れた、自己組織置換型生体融合材料の開発

最近の業績

  1. T. Goto, T. Narushima, K. Ueda: Bioceramic Coating on Titanium by Physical and Chemical Vapor Deposition, "BIOMLOGICAL and BIOMEDICAL COATINGS HANDBOOK - Processing and Characterization, Volume 1: Processing and Characterization", 2010, CRC Press, pp. 299-332.
  2. S. Nath, R. Tu, T. Goto: Apatite formation in Hanks' solutionon β-Ca2SiO4 ?lms prepared by MOCVD, Surface & Coatings Technology, 206 [1] (2011) 172-177.
  3. S. Nath, R. Tu, T. Goto: Preparation of Ca-Si-O films by chemical vapor deposition, Surface & Coatings Technology, 205[7] (2010) 2618-2623.
  4. Y. Orii, H. Masumoto, Y. Honda, T. Anada, T. Goto, K. Sasaki, O. Suzuki: Enhancement of octacalcium phosphate deposition on a titanium surface activated by electron cyclotron resonance plasma oxidation, Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials, 93B[2] (2010) 476-483.
  5. M. Sato, R. Tu, T. Goto, K. Ueda, T. Narushima: Preparation of Ca-Si-O films Apatite formation behavior on bio-ceramic films prepared by MOCVD, Journal of the Ceramic Society of Japan, 117[4] (2009) 461-465.
  6. M. Sato, R. Tu, T. Goto, K. Ueda, T. Narushima: Preparation behavior in a Hanks' solution on Ca-P-O films prepared by laser CVD, Materials Transactions, 50[10] (2009) 2455-2459.
  7. Z.-K. Kim, J.-J. Oak, H. Kimudra, T. Goto, A. Inoue, S.-Y. Yoon: Achitecture of porous hydroxyapatite scaffolds using polymer foam process, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 4[3] (2009) 377-383.

分野問い合わせ

E-mail:goto*imr.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)

Pagetop