歯学イノベーションリエゾンセンター 国際連携部門

分野の紹介

ハーバード大学(米国)、キングスカレッジ(英国)、ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)など世界の有力校との学術連携を推進し、北京大学(中国)、四川大学(中国)、ソウル大学(韓国)など東アジアの基幹校との共同教育カリキュラムを運営することで、教育や研究の国際連携のコーディネーションを行います。

教員構成

  • 洪光准教授:洪 光

主な研究テーマ

  • インターフェイス口腔健康科学に関する国際的学際融合領域研究の推進
  • 国際共同教育カリキュラムの開発・運営
  • 地域・国際社会におけるソーシャルキャピタルに関する研究

学術交流機関

国名・地域名 学術交流機関
中国 北京大学口腔医学院
四川大学華西口腔医学院
上海交通大学口腔医学院
天津医科大学口腔医学院
福建医科大学口腔医学院
香港大学歯学部
大連市口腔医院
韓国 ソウル大学校歯科大学
全南大学校歯科大学
延世大学校歯科大学
台湾 国立台湾大学歯学部
国立陽明大学歯学部
モンゴル モンゴル国立医療科学大学
インドネシア アイルランガ大学歯学部
タイ チュラロンコーン大学歯学部
コンケーン大学歯学部
プリンス・オブ・ソンクラ大学歯学部
インド ボックカリガーラ・サンガ・デンタルカレッジ
オーストラリア シドニー大学歯学部
イギリス キングスカレッジロンドンデンタルインスティテュート
スウェーデン ウーメオ大学歯学部
フィンランド オウル大学歯学部
アメリカ フォーサイス研究所 
カナダ ブリティッシュコロンビア大学歯学部

最近の業績

  1. G. Hong*, T. Maeda, H. Murata, K. Sasaki.: The dynamic viscoelasticity and plasticizer leachability of tissue conditioners. Gerodontology 29, 284-291, 2012.
  2. G. Hong*, H. Tsuka, T. Maeda, Y. Akagawa, K. Sasaki.: The dynamic viscoelasticity and water absorption characteristics of soft acrylic resin materials containing adipates and maleate plasticizer. Dent Mater J 31, 139-149, 2012.
  3. Saito, K., S. Mori, F. Date, et al. 2013. Sjögren’s syndrome-like autoimmune sialadenitis in MRL-Faslpr mice is associated with expression of glucocorticoid-induced TNF receptor-related protein (GITR) ligand and 4-1BB ligand. Autoimmunity 46, 231-237, 2013.
  4. G. Hong*, K. Sasaki, N. Takahashi, K. Osaka.: The internationalization strategy in the postgraduate education of Tohoku University Graduate School of Dentistry -- Possibility of a Double Degree Program --. The Journal of Japanese Dental Education Association 29(1), 49-54, 2013.
    洪 光*,佐々木啓一,高橋信博,小坂 健.東北大学大学院歯学研究科の大学院教育における国際化戦略―ダブル・ディグリープログラムの可能性―.日本歯科医学教育学会雑誌(日歯教誌),29(1),49-54,2013.
  5. JM Han, G Hong*, H Matsui, Y Shimizu, G Zheng, H Lin, K Sasaki. The surface characterization and bioactivity of NANOZR in vitro. Dent Mater J 33, 210-219, 2014.
  6. JM Han, G Hong*, K Hayashida, T Maeda, H Murata, K Sasaki.: Influence of composition on the adhesive strength and initial viscosity of denture adhesives. Dent Mater J 33, 98-103, 2014.
  7. Keiichi Saito*, Shiro Mori, Fumiko Date, Masao Ono.: Epigallocatechin gallate inhibits oxidative stress-induced DNA damage and apoptosis in MRL-Fasipr mice with autoimmune sialadenitis via upregulation of heme oxygenase-1 and Bcl-2. Autoimmunity 47, 13-22, 2014.
  8. JM Han, G Hong*, M Dilinuer, H Lin, G Zheng, XZ Wang, K Sasaki.: The adhesive strength and initial viscosity of denture adhesives. Acta Odontol Scand 2014. Accept

分野問い合わせ

E-mail:international*dent.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)
TEL:022-717-8278

Pagetop