歯学イノベーションリエゾンセンター 国際連携推進部門

部門の紹介

歯学イノベーションリエゾンセンター国際連携推進部門は本歯学研究科が提唱する次代の歯学概念「インターフェイス口腔健康科学」に基づく教育・研究の国際展開に主眼を置き,歯学部・歯学研究科における国際ネットワークの深化,国際共同教育・研究の実施,歯学教育・研究の国際拠点化に関する事業を担当します。

海外学術交流機関および国際交流プログラム

教員構成

  • 洪光部門長 教授:
    洪 光(こう こ)
    (Hong Guang)

主な取り組み

国際ネットワークの深化

本歯学部・歯学研究科では,海外の学術交流機関との連携を拡大し,歯学・歯科医療におけるグローバル人材の育成,国際共同教育・研究の推進を目的とし,国際ネットワークの深化に取り組んでいます。

《具体的な取り組み》

国際共同教育・研究の実施

本歯学研究科では,キャンパスの国際化および国際的な学術研究活動の強化促進を目的とし,国際共同教育・研究に積極的に取組んでいます。

《具体的な取り組み》

歯学教育・研究の国際拠点化

本研究科では,2002年に次代の歯学概念である「インターフェイス口腔健康科学(Interface Oral Health Science: IOHS)」を提唱して以来,IOHSを基軸とした歯学教育・研究に取り組んでいます。

《具体的な取り組み》

東北大学留学情報

分野問い合わせ

E-mail:international*dent.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)
TEL&FAX:022-717-8278
Facebook

Pagetop