HOME > 研究科長・学部長挨拶

研究科長・学部長挨拶

次代の歯学・歯科医療・口腔保健を拓く東北大学大学院歯学研究科・歯学部

東北大学大学院歯学研究科長・歯学部長
佐々木啓一 (Keiichi Sasaki)

歯学研究科は、異分野融合型の教育研究体系「インターフェイス口腔健康科学」、我が国唯一の「歯学研究科修士課程」など、日本有数の総合大学である東北大学の特色を活かしたプログラムにより、「考究心」・「科学心」を備えた次代の歯学・歯科医療・口腔保健の国際的リーダーたる研究者・教育者および高度専門職業人を養成します。

東北大学大学院歯学研究科・歯学部は、杜の都として知られる仙台市中心部の北西、奥州の雄、独眼竜伊達政宗ゆかりの名刹「北山五山」を頂く仙台の北部段丘の麓、星陵町に位置しています。同じ星陵キャンパスには、医学部、加齢医学研究所、大学病院が位置しており、東日本における医歯学教育および先端医療の一大拠点を形成しています。

1907年の建学以来、「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、および「実学尊重」の精神を基として国内有数の総合大学として発展してきた東北大学に、歯学部が設置されたのは1965年のことです。大学院歯学研究科は、その後7年の歳月を経て、1972年に設置されました。2000年には、全国の歯学部に先駆けて大学院重点化が施行され、以前にも増してリーダー育成のための大学院教育の実質化が進み、国立大学評価機構から高い評価を得るに至っています。「研究中心大学」を掲げる東北大学にあって単独研究科として歩み始めた背景には、我が国の歯学研究の発展に向けての本研究科への大きな期待があります。
2002年には、これまでの歯学教育研究の体系を大きく前進させる新たな概念として、「インターフェイス口腔健康科学」を提唱しました。現在、この概念を基盤とした学内連携や国内外の大学との連携による異分野融合型の研究が活発になされており、着実な成果をあげています。「研究第一主義」に呼応するこれら最先端研究で培われた卓越性・国際性は、広く本研究科の歯学教育に生かされ、さらには「実学」としての臨床応用へと展開しています。2004年には歯科医療、口腔保健の裾野の拡大と歯学教育研究の「門戸開放」を目的とし、我が国で唯一の歯学研究科修士課程を設置しました。現在、コデンタル、コメディカルから工学、栄養学、保健福祉・医療行政等、幅広い専門領域、多彩なキャリアの方々が本研究科で学んでいます。
また世界有数の歯学研究拠点校との国際連携による教育研究にも著しい展開が図られ、なかでも北京大学・四川大学・天津医科大学(中国)、ソウル大学・全南大学(韓国)などとは東アジア・スタンダードの歯学教育・歯科医療の確立を念頭にダブルディグリー・プログラム(2つの大学から学位授与)の整備を2012年から行っています。2011年3月11日の東日本大震災では、星陵キャンパスも大きな被害を受けましたが、教育研究環境の復旧、復興は目覚ましく、より一層の充実が図られています。

東北大学大学院歯学研究科

歯学研究科では、その教育目標を「考究心」や「科学心」を具備し、研究、教育、臨床から医療行政に及ぶ広範な領域で次代を担いうる、指導的・中核的人材を育成することと定めています。歯学部の教育目標は、単なる歯科医師の養成にとどまらず、「研究第一主義」にもとづいた論理的な思考力を身につけ、各分野での指導的立場となる人材を育成することにあります。
もとより東北大学は、東京帝国大学、京都帝国大学に次いでわが国で3番目に設置された旧東北帝国大学を前身とする総合大学であり、多くの学術的資産と優秀な人材に恵まれ、世界に誇る業績を有しています。この伝統ある東北大学に設置された歯学研究科・歯学部では、これら学内研究科・研究所との異分野連携、さらには国際連携を通して、次代の歯学・歯科医療・口腔保健を拓くとともに、これらを担う人材を輩出していきます。

Pagetop