HOME > 各講座・研究分野一覧 > 口腔修復学講座 > 歯科生体材料学分野

歯科生体材料学分野

分野の紹介

歯科生体材料学分野は、歯科医療に用いられる医療用材料や医療機器に関する教育と研究を担当する分野です。歯科医療の技術進歩に伴い、目覚ましい発展を遂げている医療用材料や医療機器を、特性や原理を踏まえたうえで安全かつ適正に利用できるよう、理工学的見地から情報を発信し、歯科医療をサポートしています。同時に、最先端の医療技術を可能にする新素材や次世代の医療機器の研究開発にも挑戦しています。

当分野では、現在の歯科医療を担う歯科修復材料や歯科用インプラント材料などの新しい歯科生体材料の開発、磁性材料の歯科応用の研究、CAD/CAMに代表される成形加工法の研究、口腔内環境下での歯科修復材料の劣化と安全性などを対象に研究を行っています。これらの研究を通し、CAD/CAMに適した制菌性インプラント材料の開発や歯科用磁性アタッチメントの国際規格策定などの成果を得ています。

近年、生体材料と生体組織のインターフェースが注目されるようになり、生体組織と整合性の高い機能性生体材料の開発が望まれています。歯科生体材料学分野は、このような社会的要求を課題とし、医療技術の発展とQOL向上に寄与することを目指しています。

教員構成

  • 教授:鈴木 治教授:鈴木 治
  •   
  • 高田 雄京准教授:高田 雄京

主な研究テーマ

  • 機能性歯科用チタン合金の開発とその応用の研究
  • CAD/CAMシステムおよびCAD/CAM 用歯科材料の研究
  • 磁石の歯科応用の研究
  • 歯科材料の口腔内および生体内での劣化と安全性の研究
  • 歯科用制菌性合金の研究

最近の業績

  1. Kikuchi M, Takahashi M, Takada Y, Geometric design method for occlusal outlines of complex class I and class II inlay cavities, DENTAL MATERIALS JOURNAL 30(5): 648-654, 2011.
  2. Kikuchi M, Geometric design method for class I inlay cavity, DENTAL MATERIALS JOURNAL 29(6): 637-641, 2010.
  3. Takahashi M, Kikuchi M, Okuno O, Grindability of Dental Cast Ti-Zr Binary Alloys, JOURNAL OF THE JAPAN INSTITUTE OF METALS 74(6): 351-355, 2010.
  4. Takahashi M, Kikuchi M, Takada Y et al., Corrosion Resistance of Dental Ti-Ag Alloys in NaCl Solution, MATERIALS TRANSACTIONS 51(4): 762-766, 2010.
  5. Kikuchi M, The use of cutting temperature to evaluate the machinability of titanium alloys, ACTA BIOMATERIALIA 5(2):770-5, 2009.
  6. Takahashi N, Takada Y, Okuno O, Galvanic corrosion between dental precious alloys and magnetic stainless steels used for dental magnetic attachments, DENTAL MATERIALS JOURNAL 27(2): 237-242, 2008.

分野問い合わせ

E-mail:takada*m.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)
TEL:022-717-8317
FAX:022-717-8319

Pagetop