HOME > 各講座・研究分野一覧 > 口腔機能形態学講座 > 口腔生理学分野

口腔生理学分野

分野の紹介

人の体の機能を見るのが生理学と言われています。現在、分子レベルの生命現象が明らかになるにつれ、生体の機能およびその機構の理解には革命的変化が表れてきており、細胞・器官・器官系・個体レベルのそれぞれの機構の理解に伴う知識の集積は膨大な量となっています。

口腔生理学は、口腔、顎、顔面領域に現れる生命現象を主に取り扱う生理学の一分野であり、歯、咀嚼、口腔感覚、味覚、唾液、発声などの生理機能を理解し、その理論的基盤を確立する基礎学問です。現在、顎顔面口腔領域については、全身と密接な関係があることが多く示されているものの、高次脳機能を含む全身の機能との関係に関しては未解決な問題も多くあります。口腔生理学分野は、このような点を中心に、これまでの電気生理学的手法に加え、分子生物学的手法など様々な手法を取り入れ、個体や細胞レベルで研究に取り組んでいます。

教員構成

  • 若森 実教授:若森 実

主な研究テーマ

  • 大脳体性感覚皮質における情報処理様式の神経生理学的解析
  • 歯周組織のメカニカルストレス受容機構と遺伝子導入による制御
  • 神経細胞や骨芽細胞の分化・再生におけるシグナル受容・伝達機構の解析

最近の業績

  1. Toda T, Hayashi H: The gross temporal correlation of nearby neuron activity in the macaque postcentral somatosensory cortex representing orofacial structures: with special reference to numerical methods for analysis. J Oral Biosci. 2011; 53: 170-181.
    大脳体性感覚野で同時記録された近接ニューロンの活動に関して数値解析を行い、触圧刺激に反応する際の数百msオーダーの時間相関について検討した。
  2. Kudo T, Kanetaka H, Mizuno K, Ryu Y, Miyamoto Y, Nunome S, Zhang Y, Kano M, Shimizu Y, Hayashi H: Dorsomorphin stimulates neurite outgrowth in PC12 cells via activation of a protein kinase A-dependent MEK-ERK1/2 signaling pathway. Genes Cells. 2011; 16: 1121-1132.
    低分子化合物dorsomorphinが、ラットPC12神経様細胞の神経突起を伸長させる作用があることを明らかにした。

  3. Zhang Y, Kanetaka H, Sano Y, Kano M, Kudo T, Shimizu Y: MPC polymer regulates fibrous tissue formation by modulating cell adhesion to the biomaterial surface. Dent Mater J. 2010; 29: 518-528.
    MPCポリマーが細胞接着を調節することにより線維組織形成に影響を与える可能性を示した。
  4. Kudo T, Kanetaka H, Watanabe A, Okumoto A, Asano M, Zhang Y, Zhao F, Kano M, Shimizu Y, Tamura S, Hayashi H: Investigating bone morphogenetic protein (BMP) signaling in a newly established human cell line expressing BMP receptor type II. Tohoku J. Exp. Med. 2010; 222: 121-129.
    BMP受容体の哺乳動物細胞内安定発現がBMPシグナル伝達経路に与える影響を明らかにした。
  5. Kanetaka H, Hosoda H, Shimizu Y, Kudo T, Zhang Y, Kano M, Sano Y, Miyazaki M: In vitro Biocompatibility of Ni-free Ti-based Shape Memory Alloys for biomedical applications. Mater Trans. 2010; 51: 1944-1950.
    Niフリー形状記憶合金の哺乳動物細胞における生体適合性を検討した。
  6. Chen R, Chiba M, Mori S, Fukumoto M: Kodama T: Periodontal gene transfer by ultrasound and nano/microbubbles. J. Dent Res. 2009; 88: 1008-1013.
    超音波とナノバブルを用いて、ラットの歯周組織へのルシフェラーゼ遺伝子とEGFP遺伝子の導入に成功し、安全かつ為害作用の少ない方法を開発した。
  7. Miyagawa A, Chiba M, Hayashi H, Igarashi K: Compressive force induces VEGF production in periodontal tissues. J. Dent. Res. 2009; 88: 752-756. 実験的歯の移動を行った歯周組織にVEGFが発現誘導され、圧縮力負荷により歯根膜細胞がVEGF産生することを明らかにした。
  8. Nishimura M, Chiba M, Ohashi T, Sato M, Shimizu Y, Igarashi K, Mitani H: Periodontal tissue activation by vibration: intermittent stimulation by resonance vibration accelerates experimental tooth movement in rats. Am. J. Orthod. Dentofacial Orthop. 2008; 133: 572-583.
    共振周波数を用いた振動刺激は、ラットの歯周組織を賦活化してRANKL発現を誘導し、少ない副作用で実験的歯の移動を促進することを明らかにした。
  9. Chen R, Kanzaki H, Chiba M, Nishimura M, Kanzaki R, Igarashi K: Local osteoprotegerin gene transfer to periodontal tissue inhibits lipopolysaccharide-induced alveolar bone resorption. J. Periodontal Res. 2008; 43: 237-245.
    Lipopolysaccharideで誘導されるラットの炎症性歯槽骨吸収モデルにおいて、局所的なosteoprotegerinの遺伝子導入が破骨細胞の形成を抑制して骨吸収抑制することを明らかにした。

分野問い合わせ

E-mail:tkudo*m.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)
TEL:022-717-8292
FAX:022-717-8293

Pagetop