HOME > 各講座・研究分野一覧 > 顎口腔創建学講座 > 顎口腔機能創建学分野

顎口腔機能創建学分野

分野の紹介

顎口腔機能創建学分野は、再生医学、生体材料学、組織工学を研究しています。工学と医歯学の境界領域における研究を通じて、骨や歯におけるバイオミネラリゼーション機序の解明や自家骨移植に代わる新規骨再生材料と再生治療法に関する研究を行っています。

具体的には、顎口腔領域を含めた骨欠損の再生にかかわる材料・物質科学、化学、工学、生物学を基盤として、生体材料創製および組織再生について以下のテーマについて研究を行っています。①分子・細胞・組織レベルにおけるリン酸オクタカルシウム(OCP)を用いた骨再生、②メカニカルストレスによる、細胞・組織レベルにおける局所制御の影響、③骨再生、骨疾患治療のためのドラッグデリバリーの開発などを行っています。OCP研究では、世界に先駆けたOCPの安定的合成方法の確立および骨再生能を見出した先駆的研究(Suzuki O et al. Tohoku J Exp Med 164:37-50, 1991)から現在の骨再生の先端研究を担う分野として皆で努力を重ねております。

教員構成

  • 鈴木 治教授:鈴木 治

主な研究テーマ

  • ヒドロキシアパタイトに自己組織化するリン酸オクタカルシウム(OCP)を用いた骨再生
  • 力学適応性・骨再生能を付与した金属インプラントの表面設計
  • バイオミネラリゼーションを応用した生体および合成高分子担体による骨再生と石灰化調節因子の基礎研究
  • マイクロ・ナノレベルで骨芽細胞や筋芽細胞などそれ自身を微小操作する培養技術に基づく組織工学的な検討
  • 合成リン酸カルシウムによる新規ドラッグ・遺伝子デリバリー法の開発と骨再生医療への応用

最近の業績

  1. K Kobayashi, T Anada, T Handa, N Kanda, M Yoshinari, T Takahashi, O Suzuki. (2014) Osteoconductive property of a mechanical mixture of octacalcium phosphate and amorphous calcium phosphate. ACS Applied Materials & Interfaces, 6 (24): 22602-22611
  2. K Suzuki, T Anada, T Miyazaki, N Miyatake, Y Honda, K N Kishimoto, M Hosaka, H Imaizumi, E Itoi, O Suzuki. (2014) Effect of addition of hyaluronic acids on osteoconductivity and biodegradability of synthetic octacalcium phosphate. Acta Biomater, 10(1):531-543.
  3. T Kawai, S Echigo, K Matsui, Y Tanuma, T Takahashi, O Suzuki, S Kamakura. (2014) First clinical application of octacalcium phosphate collagen composite in human bone defect Tissue Eng Part A, 20:1336-1341
  4.  T Anada, J Fukuda, Y Sai, O Suzuki. (2012) An oxygen-permeable spheroid culture system for the prevention of central hypoxia and necrosis of spheroids. Biomaterials 33: 8430-8441
  5. Y Shiwaku, T Anada, H Yamazaki, Y Honda, S Morimoto, K Sasaki, O Suzuki. (2012) Structural, morphological and surface characteristics of two types of octacalcium phosphate-derived fluoride-containing apatitic calcium phosphates. Acta Biomater 8:4417-4425

分野問い合わせ

E-mail:suzuki-o*m.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)

Pagetop