HOME > 各講座・研究分野一覧 > 口腔保健発育学講座 > 顎口腔矯正学分野

顎口腔矯正学分野

分野の紹介

顎口腔矯正学分野では、一般的な不正咬合に加え、先天疾患あるいは顎変形症に起因する不正咬合の矯正歯科治療を行い、その基盤となる基礎的、臨床的研究を行っています。

近年、矯正歯科治療は、先進的な医用器材やコンピュータ技術の進歩によって、従来の治療方法と大きくかわってきました。顎口腔矯正学分野のヒトを対象とした研究プロジェクトとして、歯科矯正用アンカースクリュー(インプラント)、顎口腔機能の解析、睡眠時無呼吸症、顔面軟組織形態の審美性に関する独創的な臨床研究があります。また、生物学的背景に関する研究プロジェクトとして、歯の移動のメカニズムやメカニカルストレス応答機構の解析、歯の再生研究の最先端技術の開発に取り組み、最新の矯正歯科治療技術の開発と基礎研究成果を融合一体化させて歯科矯正学の基盤進展を目指して、医療全体の発展に貢献しうる研究を行っています。

また、最先端の高度先進的な矯正歯科治療として、他大学に先んじて、エッジワイズ治療の固定源や、顎骨成長の制御を目的として歯科矯正用アンカースクリューを臨床に取り入れ、その技術の開発、改良を行い、世界的に通用する使用法を確立してきました。また、高度な技術を必要とする舌側からのエッジワイズ治療も積極的に行っています。これまで数多くの国際誌ならびに国際学会招待講演にて研究発表や受賞をし、国内外に新たな情報発信をしています。

教員構成

  • 溝口到教授:溝口 到
  • 北浦英樹准教授:北浦 英樹

主な研究テーマ

  • 歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療法の開発
  • 外科的矯正治療の三次元シミュレーション法の開発
  • 骨組織がメカニカルストレスに応じて変形する過程を探る研究
  • 骨細胞、歯根膜細胞、セメント細胞の細胞組織学的、分子生物学的研究
  • 人工歯胚の再生に関する基盤的研究
  • 破骨細胞分化・活性化機構の解明と病的骨吸収の抑制因子の同定
  • 内軟骨性骨形成の制御機構の解明
  • 関節荷重が顎関節の細胞外基質の発現に及ぼす影響

最近の業績

  1. Ida H, Seiryu M, Takeshita N, Iwasaki M, Yokoyama Y, Tsutsumi Y, Ikeda E, Sasaki S, Miyashita S, Sasaki S, Fukunaga T, Deguchi T, Takano-Yamamoto T. Biosafety, stability, and osteogenic activity of novel implants made of Zr70Ni16Cu6Al8 bulk metallic glass for biomedical application. Acta Biomater 74:505–517, 2018.
    新素材Zr70Ni16Cu6Al8金属ガラス製歯科矯正用アンカースクリューの機械特性、骨内安定性および骨形成能を検討し、本材質製スクリューが生体材料として有用であることを明らかにした。
  2. Sugisawa H, Kitaura H, Ueda K, Kimura K, Ishida M, Ochi Y, Kishikawa A, Ogawa S, Takano-Yamamoto T. Corrosion resistance and mechanical properties of titanium nitride plating on orthodontic wires. Dent Mater J 37(2):286–292, 2018.
    窒化チタン (TiN) をイオンプレートコーティングしたステンレス鋼ワイヤーの腐食挙動と機械特性を検討し、矯正臨床に有益であることを明らかにした。
  3. Matsuzawa H, Toriya N, Nakao Y, Konno-Nagasaka M, Arakawa T, Okayama M, Mizoguchi I. Cementocyte cell death occurs in rat cellular cementum during orthodontic tooth movement. Angle Orthod 87(3):416–422, 2018.
    歯の移動時に生じる圧迫測歯根膜の硝子様変性組織に隣接するセメント質セメント細胞が細胞死を生じることを明らかにした。
  4. Takano-Yamamoto T, Sasaki K, Fatemeh G, Fukunaga T, Seiryu M, Daimaruya T, Takeshita N, Kamioka H, Adachi T, Ida H, Mayama A. Synergistic acceleration of experimental tooth movement by supplementary high-frequency vibration applied with a static force in rats. Sci Rep 7(1):13969, 2017.
    振動刺激が歯根周囲および歯槽骨内部における破骨細胞形成、骨吸収を亢進させることにより矯正学的歯の移動を促進することを明らかにした。
  5. Bando K, Tanaka Y, Kuroishi T, Sasaki K, Takano-Yamamoto T, Sugawara S, Endo Y. Mouse model of hydroquinone hypersensitivity via innate and acquired immunity and its promotion by combined reagents. J Invest Dermatol 137(5):1082–1093, 2017.
    胸腺間質性リンホポエチン、IL-1、T細胞、ナチュラルキラー細胞は、ハイドロキノン (HQ) に対する接触超感受性の獲得と増強に重要な役割を果たすこと、および炎症性化学物質がHQに対する接触超感受性の促進にアジュバントとして作用することを明らかにした。
  6. Shima K, Tsuchiya M, Oizumi T, Takano-Yamamoto T, Sugawara S, Endo Y. Inflammatory Effects of nitrogen-containing bisphosphonates (N-BPs): Modulation by non-N-BPs. Biol Pharm Bull 40(1):25-33, 2017.
    窒素非含有ビスホスホネート(エチドロネート、クロドロネート)は、非選択的にリン酸輸送物質に作用するが、チルドロネートは高い分子量のリン酸輸送する窒素含有ビスホスホネートに作用しないことを明らかにした。
  7. Takano-Yamamoto T, Fukunaga T, Takeshita N. Gene expression analysis of CCN protein in bone under mechanical stress. Methods Mol Biol 1489:283–308, 2017.
    液体剪断応力、基質のひずみ、圧縮力、引っ張り応力などのメカニカルストレス下の骨を構成する骨細胞における結合組織成長因子(CCN2) の発現を解析するin vivoとinvitroの技術を確立した。
  8. Takeshita N, Hasegawa M, Sasaki K, Seki D, Seiryu M, Miyashita S, Takano I, Oyanagi T, Miyajima Y, Takano-Yamamoto T. In vivo expression and regulation of genes associated with vascularization during early response of sutures to tensile force. J Bone Miner Metab 35(1):40–51, 2017.
    頭蓋縫合に牽引力を負荷すると、血管内皮細胞成長因子(Vegf) のmRNA発現が亢進すること、および牽引初期でのVegfの発現はCTGFとROCK2によって制御されていることを明らかにした。
  9. Saeed J, Kitaura H, Kimura K, Ishida M, Sugisawa H, Ochi Y, Kishikawa A, Takano-Yamamoto T. IL-37 inhibits lipopolysaccharide-induced osteoclast formation and bone resorption in vivo. Immunol Lett 175: 8–15, 2016.
    IL-1ファミリーに属する新規サイトカインであるIL-37は、炎症時に産生されるTNF-αの産生を抑制することで、炎症時に誘導される破骨細胞形成および骨吸収を抑制することを明らかにした。
  10. Shima K, Nemoto W, Tsuchiya M, Tan-No K, Takano-Yamamoto T, Sugawara S, Endo Y. The bisphosphonates clodronate and etidronate exert analgesic effects by acting on glutamate- and/or ATP-related pain transmission pathways. Biol Pharm Bull 39(5):770–777, 2016.
    クロドロネートとエチドロネートは、窒素含有ビスホスホネートにみられる副反応を生じることなく有効な鎮痛作用と骨吸収抑制効果を有することから、骨粗鬆症の治療に有益であることを明らかにした。
  11. Kinbara M, Bando K, Shiraishi D, Kuroishi T, Nagai Y, Ohtsu H, Takano-Yamamoto T, Sugawara S, Endo Y. Mast cell histamine-mediated transient inflammation following exposure to nickel promotes nickel allergy in mice. Exp Dermatol 25(6):466–471, 2016.
    ニッケルへの被ばく後のマスト細胞のヒスタミンを介した一過性の炎症反応がその後のニッケルアレルギーを促進することを明らかにした。
  12. Yoshida M, Hata K, Takashima R, Ono K., Nakamura E, Takahata Y, Murakami T, Iseki S, Takano-Yamamoto T, Nishmura R, Yoneda T. The transcription factor Foxc1 is necessary for Ihh-Gli2-regulated endochondral ossification. Nat Commun 26(6):6653, 2015.
    転写因子Foxc1は、顎顔面骨格形成を担う内軟骨性骨形成過程において、Ihhのシグナル伝達分子Gli2と協調的に作用することによりPTHrPおよびCol10の発現を促進することを明らかにした。
  13. Ishida M, Kitaura H, Kimura K, Sugisawa H, Aonuma T, Takada H, Takano-Yamamoto T. Muramyl dipeptide enhances lipopolysaccharide-induced osteoclast formation and bone resorption through increased RANKL expression in stromal cells. J Immunol Res (Clin Dev Immunol), Article ID 132765, 12 pages, 2015.
    LPSによって引き起こされる病的破骨細胞形および骨吸収は、ペプチドグリカンの最小認識成分であるMDPによって増加することを明らかにした。
  14. Hakami ZW, Kitaura H, Kimura K, Ishida M, Sugisawa H, Ida H, Takano-Yamamoto T. Effect of Interleukin-4 on orthodontic tooth movement and associated root resorption. Eur J Orthod 37(1):87–94, 2015.
    矯正学的歯の移動のマウスモデルにおいて、矯正学的歯の移動、それに伴う破骨細胞形成および歯根吸収がTh2型であるIL-4により抑制されることを明らかにした。
  15. Deguchi T, Seiryu M, Daimaruya T, Garetto LP, Takano-Yamamoto T, Roberts WE. Decreased alveolar bone turnover is related to the occurrence of root resorption during experimental tooth movement in dogs. Angle Orthod 85(3):386–393, 2015.
    矯正治療に伴う歯根吸収は、長期にわたる歯の移動によって生じる高ストレス領域での骨形成の減少と関連することを明らかにした。
  16. Nakao Y, Konno-Nagasaka M, Toriya N, Arakawa T, Kashio H, Takuma T, Mizoguchi I. Proteoglycan expression is influenced by mechanical load in TMJ discs. J Dent Res 94(1):93–100, 2015.
    関節荷重の増大によって、関節円板のGAG含有量、versican V0、versican V1、decorin、biglycanおよびchondroadherinのmRNA発現とタンパク質発現が亢進することが明らかになった。
  17. Hoshi K, Kawaki H, Takahashi I, Takeshita N, Seiryu M, Murshid SA, Masuda T, Anada T, Kato R, Kitaura H, Suzuki O, Takano-Yamamoto T. Compressive force-produced CCN2 induces osteocyte apoptosis through ERK1/2 pathway. J Bone Miner Res 29(5):1244–1257, 2014.
    骨細胞における圧縮力負荷により産生されたCCN2はERK1/2経路を介し骨細胞のアポトーシスを誘導することを明らかにした。
  18. Hosoya H, Kitaura H, Hashimoto T, Ito M, Kinbara M, Deguchi T, Irokawa T, Ohisa T, Ogawa H, Takano-Yamamoto T. Relationship between sleep bruxism and sleep respiratory events in patients with obstructive sleep apnea syndrome. Sleep Breath 18(4):837–844, 2014.
    閉塞性睡眠時無呼吸症患者はブラキシズムを行うリスクが高く、無呼吸・低呼吸に続いて起こる微小覚醒中に発現する割合が高いことを明らかにした。
  19. Kimura K, Kitaura H, Fujii T, Ishida M, Hakami ZW, Takano-Yamamoto T. An anti-c-Fms antibody inhibits osteoclastogenesis in a mouse periodontitis model. Oral Dis 20(3):319–324, 2014.
    マウス歯周組織における病的破骨細胞形成および骨破壊を破骨細胞形成必須因子であるM-CSFのレセプターであるc-fmsに対する抗体で抑制できることを明らかにした。
  20. Bando K, Takahashi H, Kinbara M, Tanaka Y, Kuroishi T, Sasaki K, Takano-Yamamoto T, Sugawara S, Endo Y. Resin monomers act as adjuvants in Ni-induced allergic dermatitis in vivo. J Dent Res 93(11):1101–1107, 2014.
    レジンモノマーは、抗原としてではなくアジュバントとして作用し、アレルギー性接触皮膚炎を増悪することを明らかにした。
  21. Kitaura H, Kimura K, Ishida M, Sugisawa H, Kohara H, Yoshimatsu M, Takano-Yamamoto T. Effect of cytokines on osteoclast formation and bone resorption during mechanical force loading of the periodontal membrane. Sci World J 617032, 2014.
    メカニカルストレスの負荷によって歯根膜由来のサイトカインが破骨細胞形成と骨吸収へ及ぼす影響に関して総説した。

分野問い合わせ

E-mail:mizo*tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)
TEL:022-717-8374
FAX:022-717-8378

Pagetop