HOME > 各講座・研究分野一覧 > 寄付・連携講座 > 長寿口腔科学講座(連携講座)

長寿口腔科学講座(連携講座)

分野の紹介

我が国は世界屈指の長寿社会であり、高齢者のクオリティー・オブ・ライフ(QOL,生活の質)の維持は個人のみならず、社会的にも重要な課題である。当講座では、高齢者のQOLを低下させる骨・関節疾患(歯槽骨・顎関節を含む)の分子細胞生物学的研究とともに、歯の喪失の原因となるう蝕、歯周病について、血管生物学的あるいは骨代謝学的観点から基礎的、臨床的研究を行なっている。

教員構成

  • 客員教授:
    松下 健二
  • 客員教授:
    新飯田 俊平

主な研究テーマ

  • 一酸化窒素の歯周組織における役割とその応用
  • 血管病としての歯周病の病態解析とその制御
  • 新規骨代謝関連分子の探索的研究
  • 加齢による硬組織の吸収・破壊メカニズムの分子生物学的研究
Pagetop