HOME > 各講座・研究分野一覧 > 寄付・連携講座 > 次世代歯科材料工学寄附講座

次世代歯科材料工学寄附講座

分野の紹介

当分野は、口腔医療に貢献するための歯科医療器材開発の研究を通して、健康な長寿社会を実現することを目的とする株式会社ジーシーによる寄附講座です。国民の口腔に関する要望調査より明らかとなった「痛くない診療」「審美性の高いお口元」「高齢者口腔医療」をキーワードとし、歯科診療の変革をリードするような革新的な技術を一早く歯科分野へ導入し、臨床応用を目指します。

具体的には、欠損した歯や骨を再建するための歯科医療器材の基本的な理工学的性質を解析し、さらには歯科材料の特徴でもある中間材料としての操作性も含めた材料設計、加工方法、また材料自体に対する生体安全性についての研究を行います。また材料自体が生体内で機能し、その形態を維持するための口腔環境での長期耐久性把握のための試験方法の開発を行います。

そして、新規素材検討による新しい臨床応用研究と安全性試験による新規歯科医療器材の提案、新規歯科診断方法および検査機器技術の確立を目指します。

教員構成

  • 佐々木 啓一教授:佐々木 啓一

主な研究テーマ

  • 次世代新規歯科用マテリアルの開発とその臨床応用に関する研究
  • 臨床的観点からの新たな歯科材料評価方法の開発
  • 歯科用新素材の応用と安全性評価
  • 歯科用材料の臨床操作に即した評価方法の検討
  • 新規歯科診断方法及び検査機器技術の評価

最近の業績

  1. Fukushima S, Akatsuka R, Sasaki K: Effect of mixing methods on the bonding strength of GIC.
    American Association for Dental Research (AADR) ANNUAL MEETING 2012.
    フジルーティングEX(合着用セメント)は、オートミックス練和においても十分な接着強度を有していた。
  2. Akatsuka R, Fukushima S, Sasaki K: Effect of mixing methods on the physical properties of GIC.
    American Association for Dental Research (AADR) ANNUAL MEETING 2012.
    フジルーティングEX(合着用セメント)は、オートミックス練和においても十分な物性を有していた。

分野問い合わせ

E-mail:keii*dent.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)
TEL:022-717-8433
FAX:022-717-8433

Pagetop