HOME > 各講座・研究分野一覧 > 治療医工学講座(医工学研究科) > 腫瘍医工学分野

腫瘍医工学分野

分野の紹介

 がん患者の死亡の90%は転移に起因します。したがって、転移の超早期な診断・治療法の開発が急務です。本分野においては、多くのがんで観察されるリンパ節転移の超早期な診断・治療システムの開発を目的にしています。生体発光イメージング法,造影超音波イメージング法,マイクロCT,マイクロMRIなどの複数の高感度・高精度のイメージング法を駆使して、前臨床研究をおこない,臨床への応用を目指します。

教員構成

  • 小玉 哲也教授:小玉 哲也

主な研究テーマ

  • リンパ節介在性血行転移に関する研究
  • リンパ行性ドラッグデリバリーシステム(DDS)に関する研究
  • 遠隔部位におけるリンパ節郭清後の腫瘍細胞の活性化メカニズムに関する研究

最近の業績

業績一覧

分野問い合わせ

Tel & Fax: 022-717-7583
E-mail:kodama.admin*grp.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)

Pagetop