HOME > 各講座・研究分野一覧 > 口腔生物学講座 > 口腔生化学分野

口腔生化学分野

分野の紹介

歯・歯肉・舌など多彩な組織からなる口腔は、常に唾液で覆われ、外界からは様々な食べ物が入ります。加えてそこには口腔バイオフィルム(歯垢)という形で天文学的な数の微生物が住み着いています。こうして口腔はホスト(ヒト)とパラサイト(微生物)が共生する生態系を形作ります。しかし、時として口腔生態系のバランスが崩れ、齲蝕、歯周病、口臭などの口腔疾患が起きてしまうのはなぜでしょうか?

本分野では、口腔バイオフィルムと疾患との関係を、分子生物学的手法、嫌気実験システム、オミクスといった最先端の手法を用い、口腔生態系の視点から研究しています。さらに基礎研究成果を活かし、キシリトールやフッ化物の齲蝕予防効果、パラサイトによるバイオマテリアルの劣化といった臨床に繋がる研究や、齲蝕予防食品の検定といった社会へ繋がる研究を進めています。近年では、パラサイトとの類似が指摘されている癌細胞の代謝研究も始まりました。

口腔の健康はホストとパラサイトが健全に共生することで成り立ちます。口腔生化学分野は、共生する相手(パラサイト)の研究を通して、口腔の健康の維持・増進を目指しています。歯学部出身の方はもちろんのこと、これまでに管理栄養士、薬剤師の方々が大学院生として在籍しており、多様な人材との健全な共生も得意としています。

教員構成

  • 高橋 信博教授:高橋 信博

主な研究テーマ

  • 口腔バイオフィルム生態系のゲノミクス、プロテオミクス、メタボロミクス
  • 嫌気実験システムを用いた齲蝕、歯周病、口臭関連菌の代謝活性および病原性
  • フッ化物や糖アルコールの齲蝕予防機序および微小pH電極テレメトリー法による食品や甘味料の齲蝕誘発性評価
  • 口腔バイオフィルムによる歯科用バイオマテリアルの生物学的劣化
  • 口腔癌細胞のメタボロミクス

最近の業績

  1. Sato T, Kenmotsu S, Nakakura-Ohshima K, Takahashi N, Ohshima H: Responses of infected dental pulp to αTCP containing antimicrobials in rat molars. Arch Histol Cytol 74(1): 1-11, 2015.ラット臼歯における抗生剤含有αTCPに対する感染歯髄の反応を明らかにした。
  2. Ishida N, Sato T, Hoshikawa Y, Tanda N, Sasaki K, Kondo T, Takahashi N: Microbiota profiling of bronchial fluids of elderly patients with pulmonary carcinoma. J Oral Biosci 57(2): 110-117, 2015. 肺癌患者(高齢者)の気管支液細菌叢の細菌構成を明らかにした。
  3. Matsuo H, Suenaga H, Takahashi M, Suzuki O, Sasaki K, Takahashi N: Deterioration of polymethyl methacrylate dentures in the oral cavity. Dent Mater J 34(2): 234-239, 2015. 義歯用レジンが口腔内で生物学的劣化を生ずる可能性を初めて示した。
  4. Tian L, Sato T, Niwa K, Kawase M, Tanner ACR, Takahashi N: Rapid and sensitive PCR-dipstick DNA chromatography for multiplex analysis of the oral microbiota. Biomed Res Int 2014: 180323, 2014. PAS(Printed Array-Strip)法を用いた、口腔細菌の迅速・高感度検出法を開発した。
  5. Tanda N, Hinokio Y, Washio J, Takahashi N, Koseki T: Analysis of ketone bodies in exhaled breath and blood of ten healthy Japanese at OGTT using a portable gas chromatograph. J Breath Res 8(4): 046008, 2014. 血糖値と呼気中および血中のケトン体濃度について関連することを見出した。
  6. Ogawa T, Washio J, Takahashi T, Echigo S, Takahashi N: Glucose and glutamine metabolism in oral squamous cell carcinoma: insight from a quantitative metabolomic approach. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol 118(2): 218-225, 2014. ヒト口腔扁平上皮癌組織のメタボローム解析を行い、特徴的代謝機構の存在を示唆した。
  7. Fukushima A, Mayanagi G, Nakajo K, Sasaki K, Takahashi N: Microbiologically induced corrosive properties of the titanium surface. J Dent Res 93(5): 525-529, 2014.  バイオフィルム存在下でチタン表面の腐食傾向が増加することを示した。
  8. Mayanagi G, Igarashi K, Washio J, Domon-Tawaraya H, Takahashi N: Effect of fluoride-releasing restorative materials on bacteria-induced pH fall at the bacteria-material interface: an in vitro model study. J Dent 42(1): 15- 20, 2014. 細菌-材料インターフェイスにおいてフッ素徐放性修復材料がpH低下を抑制することを示した。
  9. Washio J, Shimada Y, Yamada M, Sakamaki R, Takahashi N: Effects of pH and lactate on hydrogen sulfide production by oral Veillonella spp. Appl Environ Microbiol 80(14): 4184-418, 2014. pHと乳酸濃度が口腔Veillonella属の硫化水素産生能に影響することを示した。
  10. Nakajo K, Takahashi M, Kikuchi M, Takada Y, Okuno O, Sasaki K, Takahashi N: Inhibitory effect of Ti-Ag alloy on artificial biofilm formation. Dent Mater J 33(3): 389-393, 2014. 新たに開発されたチタン銀合金がバイオフィルム付着抑制能を有することを示した。

分野問い合わせ

E-mail:OEB*dent.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)
TEL:022-717-8295
FAX:022-717-8297

Pagetop