トップ > 分野紹介

分野紹介

教授挨拶

教室の特徴
 当教室は、全国の歯科大学・歯学部のなかで最初に「口腔診断学」を体系づけた分野です。初代教授は村井竹雄先生で、昭和42年に東京医科歯科大学から東北大学歯学部に赴任されました。村井先生は歯科放射線学の創始者で、「歯科放射線学をベ-スとした口腔診断学を作りたい」との夢をもって仙台に移られ口腔診断学の基礎を作られました。二代目教授は三条大助先生で、歯内療法学の助教授から当分野に移られました。三条先生は、「歯髄の痛み」に関する研究の第一人者で、教室の研究の基礎を作られました。教室の柱を①歯および歯周組織、②口腔粘膜、③顎骨および顎関節、④全身疾患と口腔症状の4本に設定し、研究と診療を進められました。私は三代目ですが、診断学生まれの診断学育ちです。「適切な治療は正確な診断のもとになされる、診断は治療効果によって判定される」という理念のもとにオ-ルラウンドの治療医を目指しています。私の治療の基本は「患者さんから学ぶ」姿勢です。たくさんの症例を積極的に治療し、多くの患者さんと巡り会い、親身に患者さんに寄り添う医療人としての心を大切にしたいと思っています。

研究の特徴
 当研究室にとどまらず、他施設等との共同研究を積極的に推進しています。診断学は幅が広いので実に多様な研究がなされています。詳しくは研究紹介、研究業績、学位論文の項を御覧下さい。

教室の雰囲気
 私のモット-は、「人生は楽しく」です。教室員も皆、楽しく明るく元気いっぱいです。教室の雰囲気は他のどの研究室にも負けない自信があります(時々羽目をはずしますが...)。

専門医取得

当教室は、下記の専門医、認定医の研修機関として認定されています。専門医、認定医の取得条件は学会により異なりますが、一定期間の研修機関での研修(大学院生の期間がは含まれます)が必要です。

・日本口腔診断学会認定医
・日本歯科放射線学会専門医
・日本顎関節学会認定医

↑ページトップへ戻る