トップ > 学位論文

研究概要

平成28年度

・味覚障害患者の栄養状態と栄養素摂取量および食品群別摂取量について(日比野智香子)

平成27年度

・SCN2B in the rat trigeminal ganglion and trigeminal sensory nuclei(嶋田雄介)
・SPARCL1-containing neurons in the human brainstem and sensory ganglion(橋本直也)

平成25年度

・Study on dentinhypersensitivity-like toothache induced by steroid therapy

 -Clinical survey and basic study on the mechanisms- (遠藤雄)
・抜歯後の歯槽骨治癒に対するIGF-I投与の効果に関する形態学的ならびに組織学的検討 (熊坂晃)
・咀嚼筋における持続的筋活動、浮腫性変化および痛みの関連に関する研究(佐々城真)

平成23年度

・舌乳頭擦過試料におけるうま味受容体遺伝子発現の解析(金田直人)
・女子専門学校生の味覚感受性に及ぼす月経の影響-特にうま味感受性の変化について-(佐々木千恵子)

平成22年度

・小唾液腺における唾液分泌のメカニズムに関する研究

 -自律神経性調節、味覚反射性調節、血流と分泌量の関連について-(三宅宏之)
・ラット歯髄刺激による歯肉血管拡張および血漿漏出について(下里舞)
・Establishment and analysis of a new inbred strain of mice spontaneously developing tarsal ankylosis,

 established by selective breeding based on ankylosis-related phenotype (山村宗正)
・唾液腺導管上皮細胞におけるP2X7受容体を介したMHC class II分子の表出誘導(伊藤あゆみ)

平成21年度

・舌への痛み刺激が三叉神経節内神経関連分子の遺伝子発現に及ぼす影響(今野正道)

平成19年度

・小唾液腺分泌機能に及ぼすムスカリンM3受容体アゴニストの影響に関する研究(小林千代)
・智歯の状態と症状に関する縦断的研究(栗原直之)

平成18年度

・Mutual augmentation of the induction of the hisamine-forming enzyme, histidine decarboxylase,

  between alendronate and immuno-stimulants (IL-1, TNF, and LPS), and its prevention by clodronate(Touyuki)
・Characterization of the expression and function of IL-18 in human salivary glamd cells and in saliva
 :implications for pathogenesis of Sjogren’s syndrome (酒井梓)
・過度の咬合力によって生じる歯髄の痛み感覚閾値の低下に関する研究
 -とくに歯髄血流を指標とした機序の解明を中心に-(杉山豊)
・IL-18 expressed in keratinocytes/epithelial cells contributes to serum IL-18 levels and causes
 deleterious alteration in murine organs (西岡貴志)
・口腔扁平苔癬患者の口腔フローラ構成微生物としてのCandida speciesに関する研究(正木美香)

平成17年度

・血流および発簡調節に関する自律神経機能の顔面と四肢の差異について(清水潤)
・Evaluation of the position, mobility, and morphology of the disc by MRI before and after four different treatments for temporomandibular joint disorders (大貫敬嘉)
・高IGF-I血症ラットにおける下顎頭過成長に関する組織学的研究(小嶋郁穂)
・卵巣摘出カニクイザル下顎頭の形態学的変化に関する研究(千葉夏未)
・外来刺激に対する炎症歯髄血流反応の特異性について(中川大輔)
・Critical roles of platelets in Lipopolysaccharide-induced lethality: effects of glycyrrhizin and possible

  strategy for acute respiratory distress syndrome (Yuzhiqian)
・インターロイキン-18がPorphyromonas gingivalis感染マウスの歯周組織に及ぼす影響
 -野生型マウスとIL-18トランスジェニックマウスによる比較検討-(吉中光太朗)

平成16年度

・Human Insulin-like Growth factor-I Stimulates Acromegaly-like Specific Mandibular Enlargement in Rats(飯久保正弘)
・卵巣摘出カニクイザル顎骨の骨密度と骨梁構造の解明(村上裕規)
・歯髄の痛みに対する交感神経の末梢修飾機序に関する研究
 -とくに、歯髄炎における交感神経の発芽について-(示野陽一)
・Morphological and Histopathological Changes in Tongues of Experimentally Developed Acromegaly-like Rats
 (小林あかね)

平成15年度

・ラット舌神経刺激による舌の神経性血流調節機構に関する研究-感覚神経と自律神経の関与について-(谷口正光)
・The relation between histamine-forming enzyme, histidine decarboxylase, and mast cell(Wu-Xia)
・Translocation of platelets to the murine lung in the response to 5-hydroxytryptamin (5HT)
 and their uptake of the 5HT(大場麻美)
・石灰化に成熟に伴うMR信号強度の変化に関する実験的研究(斉藤美紀子)
・ヒト歯髄における反応性血管拡張について(橋本憲二)

平成14年度

・Analysis of Chemokines and Chemokine Receptors in Oral Lichen Planus
: Possible Roles for the Recruitment of T Cells and Disease Chronicity(飯嶋若菜)
・Accumulation of platelets in the lung and liver and their degranulation following antigen-challenge
 in sensitized mice (吉田篤史)
・18F-フルオロデオキシグルコースの唾液腺への集積に関する核医学的研究(藤原幸也)

↑ページトップへ戻る