教職員・学生への対応要請

令和2年4月1日
(令和2年5月14日更新)
教職員、学生 各位
歯学研究科長・歯学部長
緊急!新型コロナウイルス感染症蔓延を防ぐための対応要請

新型コロナウイルス感染症の蔓延を防ぎ、構成員全てが協力して本学病院の感染症指定医療機関としての機能を守るために、以下の行動を強く要請します。

  1. 毎日の生活の中で、「3密条件(密閉空間,密集場所,密接場面)が重なる場」に近づくことを徹底的に避けてください。
    例:懇親会, 食事会, 合宿, 課外活動, サークル活動 等
  2. 海外出張(私的旅行、学外者の本学受入れを含む)は中止してください。また、不要不急の国内出張(私的旅行、学外者の本学受入れを含む)について自粛してください。
  3. 授業はISTUを活用してください。会議はメール会議等の遠隔会議に切り替えることを検討してください。やむを得ず屋内施設を使用する場合は、人数および時間を制限し、お互いの距離を十分確保し、頻繁に換気してください。
  4. 感染症対策(手洗いの徹底、手指消毒、咳エチケット、適切な換気など)を行うとともに、自身の体調を管理し、風邪の症状や発熱(37.5度以上)、味覚や嗅覚に異常がある場合には自宅待機としてください。
  5. 感染が疑われる症状がある場合には、速やかにコールセンター(022-211-3883)に連絡し、指示に従うとともに、必ず報告フォームから報告してください。医療機関を受診する際は、事前に電話連絡の上できるだけマスクを着用し、公共交通機関の利用を避けてください。
    【宮城県・仙台市コールセンターに相談する目安】
    • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
    • 発熱や咳など比較的軽い風邪症状がある場合も重症化しやすい方(※1)や、妊婦の方は早めに相談をしてください。
    • また、症状が4日以上続くとき、強い症状と思う場合、解熱剤などを飲み続けなければ ならない時もコールセンターに相談をしてください。
      ※1 高齢者、糖尿病、心不全等の基礎疾患のある方や透析を受けている方、抗がん剤等を用いている方
みんなの理解と協力が、新型コロナウイルス感染症を防ぎます
Pagetop