HOME > 各講座・研究分野一覧 > 口腔病態外科学講座 > 歯科口腔麻酔学分野

歯科口腔麻酔学分野

分野の紹介

研究は、最良の医療を提供する上で不可欠なものです。歯科口腔麻酔学分野では、臨床と基礎研究を密着させ、新たな治療法開発の橋渡しとなる研究を遂行しています。これらの成果は一流海外雑誌に掲載されています。

・ 術後痛制御法の開発
手術後の痛みは様々な原因によって生じ、その制御は困難です。当分野では神経損傷後に生じる神経の可塑性を制御することによる疼痛管理法の開発を目指しております。

・ 気管支痙攣/喘息の新規治療法の開発
気管支痙攣は気管平滑筋の収縮により生じる代表的な周術期合併症であり、その治療法開発は気管支喘息の治療法開発に通じます。本研究は、Columbia大学医学部麻酔科学講座の基礎研究部門と密に連携し実施しています。

・全身麻酔薬による口腔顔面領域の血流制御機構の解明
口腔顔面領域の血流は、体幹とは異なり、主に副交感神経により調節されます。本研究は、歯科口腔外科手術時の出血量減少に寄与するものです。

教員構成

  • 正木 英二教授:正木 英二

主な研究テーマ

  • 神経損傷後の神経可塑性に注目した術後疼痛管理法の開発とその臨床応用
  • G蛋白共役受容体を介した気管支痙攣/喘息制御機構の解明と臨床応用
  • 低濃度硫化水素を利用した気管支喘息治療法の開発
  • 全身麻酔薬による口腔顔面領域の血流制御機構の解明
  • NK1受容体拮抗薬を利用した術後悪心嘔吐予防に関する研究

最近の業績

  1. Mizuta K, Zhang Y, Xu D, Masaki E, Panettieri RA Jr., and Emala CW. The dopamine D2 receptor is expressed and sensitizes adenylyl cyclase activity in airway smooth muscle. Am. J. Physiol. Lung Cell. Mol. Physiol., 302(3):L316-324, 2012.
  2. Kawakami S, Izumi H, Masaki E, Kuchiiwa S, and Mizuta K. Role of medullary GABA signal transduction on parasympathetic reflex vasodilatation in the lower lip. Brain Res., 1437:26-37, 2012.
  3. Ohtani N, Yasui Y, Watanabe D, Kitamura M, Shoji S, and Masaki E. Perioperative infusion of dexmedetomidine at a high dose reduces postoperative analgesic requirements: A randomized control trial. J. Anesth., 25(6):872-878, 2011.
  4. Izumi H, Ishii H, and Mizuta K. Anterior hypothalamic inhibition of reflex parasympathetic vasodilatation in the lower lip and palate of anaesthetized cats. Dent. J. Health. (in press).
  5. Yasui Y, Masaki E, and Kato F. Esmolol modulates inhibitory neurotransmission in the substantia gelatinosa of the spinal trigeminal nucleus of the rat. BMC Anesthesiol. 5;11:15, 2011.
  6. Mizuta K, Mizuta F, Xu D, Masaki E, Panettieri RA Jr., and Emala CW. Gi-coupled γ-aminobutyric acid-B receptors cross-regulate phospholipase C and calcium in airway smooth muscle. Am. J. Respir. Cell Mol. Biol., 45(6):1232-1238, 2011.
  7. Kuratani N, Bunsangjaroen P, Srimueang T, Masaki E, Suzuki T, and Katogi T. Modified versus conventional ultrafiltration in pediatric cardiac surgery: A meta-analysis of randomized controlled trials comparing clinical outcome parameters. J. Thorac. Cardiovasc. Surg., 142:861-867, 2011.

分野問い合わせ

E-mail:ejmasaki*m.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください。)
TEL:022-717-8420
FAX:022-717-8404

Pagetop